腰痛の原因

strech300腰痛とは、”人生の中で経験したことがない人”はほとんどいない、というくらい私たちの生活で身近な痛みであるといえます。

 

 

人間は2本足で歩く為、重力で上半身の重みからも4本足の生き物より腰に負担をかけてしまいます。

腰痛では主に、ぎっくり腰のように突然起こる急性腰痛症と、継続して痛みが続く慢性腰痛症などがあります。

「姿勢が悪い」「老化」「内臓の病気」と他にもたくさんの原因があります。

 

 

激しい運動をした場合も腰痛は起こるのですが、激しい動きをしなくても私生活をする上での姿勢が悪ければ、腰痛はおこります。

腰に対して悪い姿勢をとり続けると、腰を支える筋肉の力は弱まり血液の巡りが悪くなってしまい、痛みのもととなる物質が生産され腰痛は起こります。

 

 

また足を組んだり、猫背、片方に重心をかけてしまうと骨格の歪みを生み腰痛の原因となってしまいます。

骨盤の歪みからその上にある背骨が曲がってしまう人も多くそこから痛みを生んでしまいます。

他にもストレスから、内臓の病気からと腰痛を引き起こす原因はさまざまとあります。

ぎっくり腰、椎間板ヘルニアと歩くことさえできなくなってしいまう恐れもあり腰痛の原因は複数重なることも多いので、ひとつづつ自分の原因を探り、少しでも腰痛を軽減しましょう。